足の角質ケアについて

正しい知識を身につけてケアを行なっていくことがポイント

いつまでも生まれたてのように綺麗なままの肌の状態だと良いのですが、基本的に肌は刺激に弱い場所なので少しの環境の変化にも左右されてしまいます。
美容という観点からも、不要になった角質を除去して取り除くことが大切であると考えられがちですが、実際には除去しなくてはならないものではなく肌にとってとても大切なものでもあるのです。
それぞれの部位によって適切な方法も違うので、正しい知識を身につけてケアを行なっていくことがポイントとなります。
普段の生活の中で、肌の表皮の層の中でもっとも外層にあって皮膚の表面を覆っている細胞が角質ですが、皮膚を構成する主細胞のケラチン生成細胞が角化してしまい、皮膚表面にケラチンを蓄積して細胞として死んだ状態になっているものです。
細胞が10から15層ほどに重なった層を角質層と言うのですが、層には角質細胞と細胞と細胞の間にある細胞間脂質と水分で構成されています。
厚みが20ミクロンでラップ一枚程度の厚みしかありませんが、人の身体を強力に保護していて、人はこの層を失ってしまうと外側の刺激によるダメージや水分の喪失からも、24時間も生存出来なくなるというぐらい重要な役割を担っているのです。
同じ層でも頬に関しては比較的に薄くなっていて、反対に裏はその層は約50層ぐらいになるようです。
肌は表皮と真皮と皮下組織の三層で成り立っていて、表皮の構造は角質層と顆粒層と有棘層と基底層の4つに分けることが出来ます。

正しい知識を身につけてケアを行なっていくことがポイントターンオーバーが正常であれば、肌の美しさを維持できることは間違いない多くの刺激から肌や身体の全てを守っているのが、角質層のバリア機能